事業内容OUR BUSINESS

新規事業コンサルティングNew Business Development

無線ソリューション・モバイルサービスの新規事業開発支援

新たなビジネスを生み出すために、既成概念に捕らわれることなく、市場カテゴリの枠を超えて、貴社が保有する可能性を最大限に引き出します。
そのためには、まず貴社の事業を明確に把握し、貴社が持つ付加価値や差別化要因を明らかにすることで、貴社に最適な経営戦略を支援します。
日本企業の多くはブランドや企業文化、技術、知財、顧客、ビジネスパートナーといった優良な資産をもっています。
これら資産を客観的な専門家の視点で分析することにより、効果的な改善を実現します。

対象分野

無線ソリューション
無線ネットワーク構築支援
パートナーアライアンス
IoT/モバイルサービス
IoT事業モデル構築支援
モバイルサービスの事業支援
通信関連の技術法務
電波法等の法務支援
無線局免許申請支援

支援手法例

IoT + 新事業創出 マーケティング講座

IoTを活用して新規事業を検討したいが、何から始めればよいかわからない人へ

ガートナーの報告(2016年4月)によると、IoTについて企業がどのように取り組んでいるかを質問したところ、「IoTの専門部署やグループができた」割合がわずか10.1%でした。以前から指摘されていますが、日本企業は欧米企業よりもはるかに遅れています。
一番の問題は、「いまだにどこから手をつけていいかがわからない」との回答が40%弱もあること。導入に取り組むためには会社方針・投資プラン・ビジネスモデルデザインが欠かせませんが、そのスタートラインにすら立っていません。

そんな悩みを抱えている企業や地方自治体に向けた“Upsideオリジナルレシピの講座”を開催しています。

講座風景の動画を見る(YOUTUBE)「IoT+新事業創出」マーケティング講座
こんな人にオススメです!
皆さまの声
● 講座の紹介

カリキュラム全体は、新規事業へ取り組むにあたり変革期における適した思考斬新な発想が必要であることを学ぶことからスタートし、差別化した価値提案IoTによる革新的なサービス像を理解できます。また、デザイン思考をもとに、事業の具体的なアイデア創出上位目標設定のプロセスを演習により体験することができ、上位目標を達成するためのIoTサービスをデザインします。IoTの基本概念利用例を具体的に紹介すると共に、なぜIoTが新規事業に活用できるのかを理解いただきます。さらに、その収支モデルをビジネスモデルキャンパスを用いて具現化することまでの一連の流れを学ぶことができます。

● 事業化へのプロセスとセミナーカリキュラム

第一部:導入編

「準備」段階として、事業創造に向けた「発想の転換」や「事業成功までの時間軸」の概念を理解いただけます。また、革新的な産業構造の変化に適応した「差別化できる斬新なサービス」が必要であることや新規参入者による脅威も盛り込んでいます。本講座は二時間コースですが、受講希望の企業・団体様の事業所で開催することも可能です。

第二部:サービス価値提案編

「理解」段階として、IoTを活用したサービス価値の意義や適した市場を学び、サービス提案について具体的なアイデア創出プロセスや上位目標設定を演習により体験することができます。さらに、IoTが可能にする革新的なデジタルサービスをIoTキャンバスに表現し、その発想プロセスまでを半日コースで理解できます。

第三部:プロジェクト支援編

「サービスデザイン」段階として、IoTキャンバスをもとに収支モデルまでデザインするために演習形式でビジネスモデルキャンバスに落とし込みます。また、実際の事業化プロジェクトとしてスモールスタートし、その効果測定をファシリテーションします。支援期間は原則3ヶ月単位ですが、要件にあわせて柔軟に対応します。

● 定員と開催場所

受動的に講座を聞くのではなく、参加者の発言・発想を重視するため、
講座は10人以下に限定しております。
また、演習は5〜7人規模が最も効果的であることも少数開催の理由となっております。
開催場所はUpside本社の会議室を予定しています。
Upsideは皆さんのチャレンジを応援し、共に光を見出します。

講座開催日程(BLOGへ)

Upsideの事業内容

  • 新規事業コンサルティング
  • 海外企業による日本法人設立支援
  • 通信機器の販売